ホビーガジェット [PC/周辺機器/サプライ/ゲーム/商品紹介/レビュー/ブログTIPS...]

パソコン、周辺機器、メモリーカード等サプライ、AV機器、家電製品、ゲーム等の商品紹介、レビュー、ショップ掲載他、ブログ運営メモ。アフィリエイト。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


( --/--/-- --:-- ) Category スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

Google Adsense 質問したらアカウント停止。怠慢のやっつけ仕事とも思わせる対応 

発端~広告配信停止


先日、当ブログに貼っていた、グーグルアドセンスの広告が空白になっていたので、アカウントページにログインしてみると、広告配信が停止されているとのメッセージを確認。

詳細をクリックすると<BR>タグからなにからHTMLタグだらけで読みにくく表示されているので、アドセンス用に登録していた非常用のメールアドレスにアクセスすると、配信停止に関する通知が入っていた。
(これ専用に取得したgmailなのに迷惑メールに入っていた)

内容を見ると当ブログのある記事について指摘があり、広告の配信を停止との事。
お客様
お客様のサイトを確認しましたところ、Google のポリシーに準拠しない方法で Google 広告が表示されています。
たとえば、次の URL のページで AdSense ポリシーの違反が見受けられました。
URL:
http://hobbygadgets.blog137.fc2.com/blog-entry-53.html
詳細:
Google のプログラム ポリシーに記載されているとおり、AdSense サイト運営者がハッキングやクラッキングに関連するコンテンツを含むサイトに Google 広告を掲載することは許可しておりません。これには、市販されているゲームソフトやゲーム機の不正な改ざん方法を提示しているサイト、また、ソフトウェア、サーバー、ウェブサイトへの不正なアクセスや改ざんを行う方法や装置を提供するサイトが含まれますが、これに限定されません。
ヘルプセンター参考URL:
https://adsense.google.com/support/bin/answer.py?answer=105949&sourceid=aso&subid=ap-ja-em-aspolicy_2010-03-20&medium=email
そのため、サイトへの広告の配信を停止させていただきました。
お客様の AdSense アカウントは引き続き有効です。 この機会に、Google のプログラム ポリシー (https://www.google.com/support/adsense/bin/answer.py?answer=48182&stc=aspe-2pp-ja&hl=ja) をご覧になり、お客様の他のすべてのページがこれらの基準に従っているかどうか確認することを強くお勧めします。
なお、今後 Google のプログラム ポリシーに違反していることが確認された場合は、アカウントを無効にさせていただくこともありますのでご注意ください。
今後とも、よろしくお願いいたします。
Google AdSense チーム

内容修正~報告


指摘されていたページはDSTT非公式カーネルのリリース速報だったのだが、このシリーズの記事はGoogleAdsenseを申し込んだ時点で、審査を通っている

不可解に思いながらも、これに関する情報を提供しているサイトで、GoogleAdsenseが堂々と、しかも記事の合間にまでびっちりアドセンスを掲載しているところは多々あるので、そういったサイトを参考にしながら、今回の指摘記事に特有の、”ひっかかる”ような表現はと見比べながら、具体的なゲームタイトル名と、”バックアップ起動”がまずいのか?と、あたりをつけて、とりあえず、該当部を修正して報告。

審査結果メール


すると以下のような審査不合格の通知。
お客様
Google のプログラム スペシャリストは、さまざまな基準から、AdSense のウェブサイトを定期的に審査しております。審査の基準には、適切なコンテンツかどうか、操作がわかりやすいかどうか、サイトで AdSense プログラムを活かせるかどうか、ユーザーの利便性が高いかどうかなどの項目が含まれます。また、特定のサイトに対して、広告の配信をお断りさせていただくこともあります。
確認いたしましたところ、お客様からご連絡いただいているサイトではAdSense プログラムはご利用いただけません。
Google のプログラム ポリシーに記載されているとおり、AdSense サイト運営者がハッキングやクラッキングに関連するコンテンツを含むサイトに Google 広告を掲載することは許可しておりません。これには、市販されているゲームソフトやゲーム機の不正な改ざん方法を提示しているサイト、また、ソフトウェア、サーバー、ウェブサイトへの不正なアクセスや改ざんを行う方法や装置を提供するサイトが含まれますが、これに限定されません。

まあ、最初のメールの文面からして、一文表記が対象ではない事を名言しているので、予想通りではあるが。
だったら最初から審査通さなければいい。見落としていたのか?他のサイトはどうなんだ?スピード違反の逆ギレみたいだが。

そこで質問メール


この時点で、別にもういい、とは思っていたが、同様の情報を扱うサイトで、GoogleAdsense広告が許されているサイトとの違いが気になったので、どういった部分がダメなのかといった内容のメールを返信してみた。

すると、即日


アカウント停止


朝送信した質問メールへの返信が同日朝9時に数時間の速攻で。
サイト運営者様
記録を確認しましたところ、お客様の AdSense アカウントにおいて不正行為の危険性があることがわかりました。不正行為により AdWords 広告主の費用が増大するのを防ぐため、お客様の AdSense アカウントを無効にさせていただく必要があります。未払いの収益と Google に分配された収益はすべて影響を受けた広告主に払い戻されます。

実はこのブログ以外に、もうひとつ運営しているブログにもアドセンスを貼っていたのだが、当然こちらも含めてのアカウント停止という措置。

まず、話のつじつまが合っていない。
元々審査が通っていた一連の記事のバリエーションの一記事の、どこが急にダメになったのか、ポリシー違反の具体的な部分の質問に対して、不正行為の危険性がどうの、といったコピペメールを流れ作業的に送信しただけと思わされるような返信
これでアカウント停止。

Google のプログラム スペシャリストの定期的に審査なのか、通報なのか、どういった経緯かは今となってはどうでもいいが、コピペメールで匂わせているような、高いビジネスポリシーに基づいていた考えを持った人間がとった対応とは考えにくいので、数をこなすのが大変な一担当者による、面倒な質問に、いきなりリーサルウェポンを使って「はい、一件終了!」といった感じのやっつけ仕事だったのでは?と思わされた次第。

いちいちグレーゾーンを気にしながら記事を書いていくのも面度なので、アドセンスはもういいが、
発端とは全く関係のない不正行為容疑でアカウント停止されているのはやはり解せないので一言ぐらい抗議でもしてみるか、と思ったら、「Google AdSense アカウントの非承認」のメールは送信専用メールからか。

「今回の措置、異議申し立てを行う方法、不正行為全般についてご不明な点がある場合は、次の URL で詳細をご覧ください。」

とあるが、アクセスしてみるとFAQ集や、利用規約がずらりと並び利用規約クリックすると全文英語だし。
異議申し立てはしにくい設計がされている印象。
サイトの審査にはユーザービリティーだかアクセシビリティーだとか良く言ったものだ。
関連記事
スポンサーサイト


( 2011/01/23 05:41 ) Category 一般 | TrackBack(0) | Comment(2)
やりとり拝見いたしました。
大手サービスのやりたい放題がわかります。
私もそうでした。

矛盾だらけですから、アドワーズにしろ、アドセンスにしろスペシャリスト様のすることは、絶対です。総理大臣よりも、偉いのです。
[ 2011/06/26 17:12 ] [ 編集 ]
google自体がスーパー著作権違法サイトですよね…海外にサーバー置いて脱法、日本のニュース以外のコンテンツ全部無料で使い放題…海外にサーバーがあるから、日本の法律は関係無いよ的な…ジャイアンレベル超えてる…
[ 2013/12/06 00:19 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
ブログランキング
[AD] Amazon
[AD] Rakuten


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。