ホビーガジェット [PC/周辺機器/サプライ/ゲーム/商品紹介/レビュー/ブログTIPS...]

パソコン、周辺機器、メモリーカード等サプライ、AV機器、家電製品、ゲーム等の商品紹介、レビュー、ショップ掲載他、ブログ運営メモ。アフィリエイト。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


( --/--/-- --:-- ) Category スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

FC2ブログ~記事の行間を拡げる方法 

記事の行間の変更手順

管理画面「環境設定/テンプレート管理」から、

exampletemplate のスタイルシート編集

の枠内のソースの、上部から数行目にある、

body {  }

この{ } の中の任意の位置に、以下のような行を付け加える、もしくは既に書いてある"line-height"の数値を以下の例のように書き換えるだけ。

(例1)
line-height:170%;

(例2)
line-height:1.7;

参考までに(例1)を追記または書き換えた場合、以下のようになる。
------------------------------------------------------------
body {
    color: #898989;      /* 例えば色の設定とか */
    hogehoge: hogehoge;    /* その他の設定 */
    line-height:170%;  /* ←追加した行 */
}
------------------------------------------------------------


但し、body での指定はブログ内のテキスト全体に影響させるものなので、記事の部分のスタイルを個別に指定してあるテンプレートでは、末端の指定が優先され有効にならない。
この場合は、HTMLソースの方を参照し、HTMLソース内で「<%topentry_body>」の直前付近にあるクラス名(例3<div class="entry_body">等)を頼りにスタイルシートソース内で、例3でいうところの「entry_body」というキーワードで該当部を探し出して、
.entry_body{ } の{ }内に line-height を指定する必要がある。


行間をどれぐらい空ければいいのか?
と疑問に思う人のために

行間を指定する数値については、意図するデザイン、レイアウトによって何でもあり、絶対的なものはないだろうが、出版物等、印刷業界、DTP業界でも、文章が読みやすい行間として、やはり指標とする定番、セオリーの数値はいくつか言われているので以下にまとめる。

最低でも文字サイズの半分=50%の行間
よく使われる数値として75%~80%の行間

上記スタイルシートでの中で指定する「line-height」は、空ける数値ではなく、文字の高さに対してその行自体の高さをいくつにするか、100%が行間なしとなる。
つまり、行間に文字の50%の高さを指定するなら、その行の高さを150%と指定する事になる。

関連記事
スポンサーサイト


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
ブログランキング
[AD] Amazon
[AD] Rakuten


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。